店舗2.jpg店舗2.jpg

店舗2.jpg

title_top1.jpg

 大正時代、金沢在住の細野燕台の紹介で山中温泉を訪れた北大路魯山人は、山中塗 塗師・辻石斉と意気投合し親交を深めていった。

 当時、茶道の家元や著名人らの仕事を請け負っていた辻石斉は、木地・塗。絵付けにおいて高い技術を持ち、魯山人の求める漆器は難なく制作した。
これによって魯山人独自の漆器の製作につながっていくこととなった。

 特に山中塗は、挽きもの(木を削ること)を得意とする漆器の産地で、椀や棗や丸盆などありとあらゆる形の漆器を作る事が出来、魯山人の創作意欲がより一層駆り立て、様々な作品を生み出していった。

 それ故、山中の塗り物は北大路魯山人の作品展で発表されたり、自身の店「星岡茶寮」で使用されたりと、深く繋がりを持っていった。

title_top2.jpg

一閑張日月椀一閑張日月椀

六瓢椀六瓢椀

唐人椀唐人椀

ご購入







ブログブログ
facebookfacebook