billimage05.jpg

title_mentenance.jpg

漆器の普段の手入れ

漆器を長く使うには、できるだけ毎日使い、洗って拭くことが大切です。
水かぬるま湯、または薄めた中性洗剤で洗い、洗った後は必ず水気を拭き取って下さい。
表面を柔らかな布で磨き上げるようにして吹くことで漆器は艶を放ち、使うほどに美しい色合いになってゆきます。

漆器の手入れの注意

  • クレンザーや金たわしで洗うのは厳禁です。(傷の原因になります)
  • 電子レンジで温めない。(内部の水分が飛んでひび割れの原因となります)
  • 直射日光にあてない。(紫外線によって漆が劣化します)
  • 陶磁器や金属器と一緒に洗わない。(ぶつかると傷の原因となります)
  • 食器洗い乾燥機は使わない。(急激な乾燥やアルカリ性洗剤など劣化の原因となります)

長期保管時のお手入れ

屠蘇器や重箱など、年に1・2度しか使わない食器を長期保管する場合、きれいに水気を取るため、拭いた後に風通しの良い所で2・ 3日陰干ししておくと良いです。
そのあと柔らかい紙に包み箱に入れて保管してください。
湿気のある状態で保存しますとひび割れたり漆がはがれたりしますので、ご注意下さい。

漆器の修理

「山中漆器の辻石斎」にてお買い求めいただきました製品に限り、修理を承ります。
詳しくはお問い合せ下さいませ。

ご購入







ブログブログ
facebookfacebook